2007年07月31日

夏季休業について

eプリント屋.comの夏季休業日をお知らせします。

8/11(土)〜8/15(水)の間はご注文受付、お問い合わせ返信、発送等は停止させていただきます。

お急ぎの方にはご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。
posted by eプリント屋マスター at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

フィルムスキャン

eプリント屋.comではフィルムのスキャンからのプリントも承っております。
フィルムのスキャンでは、解像度が高ければ高いほど良い画像を得られると誤解されている方が多いので少し解説いたします。
写真フィルムの画像は小さな粒子で構成されていますので、いくら解像度を高くしても粒子の限度を超えると粒子が見えるだけで変わりません。
次にISO400のネガフィルムをスキャンした実例を示します。
4段階の解像度でスキャンし、半切サイズのプリント用に調整した画像の一部を切り出したものです。

1575ppib.jpg
1575PPI

2100ppib.jpg
2100PPI

3150ppib.jpg
3150PPI

6300ppib.jpg
6300PPI

1575PPIは若干荒いですが、2100PPI以上は解像度よりも粒子の方が大きく画像の差はほとんどありません。実際は1575PPIでもプリントではそれほど差は出ません。

ネガフィルムはポジよりも粒子が目立ちやすいため35mmフィルムでプリントできるのはだいたい全紙までです。ポジであればもっと大きなサイズでもプリントできますがA0くらいが限度になります。ブローニー、4X5であればもっと大きなサイズでもプリントできますが35mmも含めてISO感度、銘柄、プリントに要求するクオリティによって変わってきます。弊社ではお客様のご相談に乗りますが、最終的にはプリントするかどうかはご自分で判断していただきます。

フィルムスキャンと同様に、プリントからのスキャンでも解像度を高くすれば大きくプリントできると誤解されている方がいらっしゃいます。フィルムからプリントした時点ですでに1回画像に含まれる情報は劣化していますので、フィルムからのスキャンより条件は厳しくなります。きれいにプリントできるのは大体倍くらいの大きさまでと思っていただければ良いと思います。それ以上でもプリントできますが結果はそれなりになります。よく見る事例としては遺影が挙げられます。

以上画像スキャンからのプリントの参考にしてください
posted by eプリント屋マスター at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

垂れ幕・横断幕製作手順

eプリント屋.com垂れ幕・横断幕製作手順をご説明いたします。

1.お見積もり
まず弊社ホームページのお見積もり・ご注文フォームより必要事項をご記入、送信してください。
eメールアドレスは必ずご連絡のとれるアドレスをお知らせください。詳細はこちら
支払方法は代引きがオススメです。銀行振り込みでは入金確認作業に時間がかかります。
納期の希望がある場合は明記してください(特に急ぎの場合)
お見積もり依頼が届きましたら24時間以内(土日祝日は除く)にお見積もり、注意事項を返信いたします。

2.入稿
お見積もりを確認していただきましたら、印刷データの入稿をお願いします。
入稿データに関しては次のページを参照してください。垂れ幕入稿データ
データの確認が出来次第垂れ幕製作の可否をお知らせします。

3.製作
垂れ幕・横断幕はだいたい幅1.5m×長さ5mくらいまでの物でしたら最短で3営業日で仕上がります。
大きさ、枚数により3〜7営業日で納期は変わりますので急ぎの場合はご相談ください。

4.発送
商品は宅配便で発送します。お届け先が本州でしたらおおむね翌日中には届きます。

垂れ幕・横断幕製作の流れは上記のようになります。
デザインから弊社にご依頼される場合は、デザイン作業が3営業日追加されます。お見積もり時にご確認ください。
posted by eプリント屋マスター at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 取り扱い商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

ペーパーについて

eプリント屋.comの大判写真プリントについて紙質などの問い合わせが頻繁にございますのでお答えします。

まずプリント方式ですが、これはいわゆる普通の写真と同じ物です。インクジェット方式ではありません。昔はネガフィルムから引き伸ばしレンズを通して印画紙に露光をかけていましたが、今は街のお店にあるようなミニラボ機ではデジタルデータをレーザーで印画紙に露光するのが一般的になっています。ミニラボ機では普通4ツ切程度までの大きさしかプリントできませんが、弊社ではラムダという大型の機械などで大判のプリントが可能です。

前記の内容と関連しますが紙質、厚さは普通の写真と同じと考えていただいて結構です。

面種にはグロッシーとラスターがあります。
グロッシーは日本語では光沢ですので一般的に目にする光沢の写真と同じです。
ラスターは日本語では微粒面、半光沢になります。表面に細かい凹凸があり反射が抑えられ指紋などもつきにくくなっています。写真で絹目(シルク)という物がありますがそれよりもかなり細かい凹凸になります。

以上の説明で分からないことがあればお問い合わせください。
support@e-printya.com
posted by eプリント屋マスター at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 取り扱い商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

デジカメ撮影

eプリント屋.comに大判写真プリントをご注文される方のなかで、まれに良いカメラを持っているのに撮影モードが低画質になっているためプリントできない場合があります。
例えば最大2592×1944ピクセルで撮影できるカメラなのに640X480ピクセルのモードで撮影していると解像度が低くプリントできません。また撮影時の画像が小さいと情報が不足しレタッチもうまくできません。
また多くのデジカメで高画質、標準画質の切り替えができますが、これを変更すると、jpegの圧縮率が変わります。高画質のほうが圧縮率が低く当然きれいです。
メモリカードはどんどん安くなっていますので、記録容量のことは気にせず高画質のモードで撮影したほうが良いと思います。
ブログ等で使用する場合でも高画質で撮影したものを明るさなどを補正してから切り抜き、リサイズを行えば最初から小さく撮影したものより見栄えが良いと思います。

関連項目
デジカメ入稿について
posted by eプリント屋マスター at 16:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

メール返信について

eプリント屋.comではお見積もりや問い合わせのご返答をメールで行なっておりますが、弊社から送信しているにもかかわらず届いていないというご連絡が時々ございます。
まずお客様のメールBOXがいっぱいになっていて受信できないことが考えられます。→たまっているメールを受信してください。
迷惑メールとして振り分けられている可能性があります。→迷惑メールBOXの中をチェックしてください。
以上よろしくお願いします
posted by eプリント屋マスター at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。