2007年07月26日

フィルムスキャン

eプリント屋.comではフィルムのスキャンからのプリントも承っております。
フィルムのスキャンでは、解像度が高ければ高いほど良い画像を得られると誤解されている方が多いので少し解説いたします。
写真フィルムの画像は小さな粒子で構成されていますので、いくら解像度を高くしても粒子の限度を超えると粒子が見えるだけで変わりません。
次にISO400のネガフィルムをスキャンした実例を示します。
4段階の解像度でスキャンし、半切サイズのプリント用に調整した画像の一部を切り出したものです。

1575ppib.jpg
1575PPI

2100ppib.jpg
2100PPI

3150ppib.jpg
3150PPI

6300ppib.jpg
6300PPI

1575PPIは若干荒いですが、2100PPI以上は解像度よりも粒子の方が大きく画像の差はほとんどありません。実際は1575PPIでもプリントではそれほど差は出ません。

ネガフィルムはポジよりも粒子が目立ちやすいため35mmフィルムでプリントできるのはだいたい全紙までです。ポジであればもっと大きなサイズでもプリントできますがA0くらいが限度になります。ブローニー、4X5であればもっと大きなサイズでもプリントできますが35mmも含めてISO感度、銘柄、プリントに要求するクオリティによって変わってきます。弊社ではお客様のご相談に乗りますが、最終的にはプリントするかどうかはご自分で判断していただきます。

フィルムスキャンと同様に、プリントからのスキャンでも解像度を高くすれば大きくプリントできると誤解されている方がいらっしゃいます。フィルムからプリントした時点ですでに1回画像に含まれる情報は劣化していますので、フィルムからのスキャンより条件は厳しくなります。きれいにプリントできるのは大体倍くらいの大きさまでと思っていただければ良いと思います。それ以上でもプリントできますが結果はそれなりになります。よく見る事例としては遺影が挙げられます。

以上画像スキャンからのプリントの参考にしてください
【関連する記事】
posted by eプリント屋マスター at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。